トモコのなつやすみ・計画倒れ編

 

 オトナの夏休み

 小学生はもうすぐ夏休みですね。
 子どもたちにとっては楽しい一大イベントでも、お父さんお母さんたちにとっては、ぜ~んぜん宿題をやろうとしない子どもたちに手を貸してやらなきゃならない憂鬱イベントのようですね。


 アタシが小学生の頃は、終業式の日に友達と手分けして「夏休みの友」を終わらせ、毎日遊びまくって、数日前に残りの宿題のことを思い出し、工作の宿題をカーチャンに丸投げしてそのスキに読書感想文を解説丸写し状態で書いてました。


 そのような堕落しまくった夏休みを後悔しているので、オトナになった今、優秀な小学生になりきって夏休みゴッコをしてみよう、ってなわけです。


 ところでこの夏休みゴッコ、以前もやったことがあります。親の離婚騒ぎでまともに楽しめなかった小学4年生の夏休みをやり直しました。結局離婚しなかったけど。
 4年生の夏休みゴッコが楽しかったので、今回はひとつ進級して小学5年生の夏休みをやり直します。


 期間は、このへんの小学校に合わせて7月21日~9月2日。ただしその間にもしアルバイトなどが決まった場合、仕事量によっては計画中止というゆるさでいきます。そこはやっぱりオトナなので仕事大事! ってかいいかげんニート脱出したいのでこんな計画とっとと中止したいぞ。



 5年生のドリルを買う

 アタシは放送大学の学生なのですが、単位認定試験が8月1~2日にあります。
 7月中は試験対策に追われますが、それ以降は毎日がエブリデイなので、何か勉強してみることにします。


 夏休みのドリルと言えば「夏休みの友」という名の夏休みの敵です。
 アタシが使った平成初期のと最近のと比べてみたかったのですが、アマゾンで売っていないようなので、市販のドリルを買うことにしました。
 100円ショップで済ませたかったのですが、100円ドリルは残念ながら3年生まで。5年生が3年生のドリルをやるのはおかしいので、5年生ドリルを駅前の本屋で探したのですが、そこは2年生まで。



 ちょっと待て!
 したら我が町の小学校高学年ボーイズアンドガールズは、ドリルを買うのにわざわざよその町まで行かなきゃならないのか!?



 この町の子どもたちは全員バカになるんじゃないかと心配になりました。
 けど近所の子どもの学力低下を憂いてもしかたないので、東京の本屋でドリルを買ってきました。


 20180709_01.jpg

 5年生の時のY先生がムダに年ばっかり食って授業内容も指導力もクソだったので、今回5年生をやり直せるのはちょうど良かったです。
 余談ですがY先生の評判がヒジョーに悪くて年度末で担任をはずされ、6年生からは大評判のA先生になってラッキーだったのもつかの間、急病で長期入院してしまい、その後に来た非常勤の先生がY先生以上にクソで学級崩壊したので授業どころじゃありませんでした。
 なので5年生のドリルでも、アタシにはかなり手応えありそうです。



 読書感想文も書くよ

 読書感想文はニガテだったので、これが一番イヤな宿題でした。
 同級生のサッちゃんが感想文名人だったので、どうやったらうまく書けるか聞いたことがあるのですが



 dandenameko_ico.png
 うーん、よくわかんないよ。
 ワタシも感想文って苦手なんだけど、一度コンクールで入賞しちゃうと、先生が次の年も期待するでしょ?
 それで先生に読む本を決められちゃうんだ。
 毎年戦争の本ばっかりでつまんないから、書くのイヤなんだ。




 サッちゃんくらい上手でも感想文はキライなのかとびっくりしたけど、つまんない本を読んで毎年入賞しちゃうんだから、やっぱり感想文の天才なんでしょうな。


 もともと感想文を書けないアタシが、つまんない課題図書なんか読んで感想文なんて書けるわけがないので、図書館でズッコケ三人組でも借りてこようと思います。ちなみにアタシはモーちゃんが好きです。気は優しくて力持ち。



 楽しみな自由研究

 アタシが通っていた小学校では、自由研究は工作や手芸作品でもオッケーでした。
 ウチはカーチャンが洋裁をやっていたので丸投げしてましたが、これには深いワケがありまして。


 カーチャンは洋裁をやってただけに、アタシが一生懸命チクチクやってるのがまどろっこしくて見てらんないわけです。


 oninameko.png
 アンタはなんでこんなに不器用なの!
 カーチャンの子じゃないみたいだ!



 tomoko_ico.png
 ああ、そうかもね。
 トモコは勉強できるけど、ヒロコはバカだったって、バーチャンが言ってたもん。




 と親子ゲンカが勃発するわけですよ。それが夏休みと冬休みのたびにくりかえされてクソめんどうなので、カーチャンに外注した方が双方ともラクなんです。


 今はカーチャンと離れて暮らしてるので、誰に文句を言われることもなく自分の好き勝手できます。今回の夏休みゴッコで一番楽しみなのがこれですね。手芸でもいいけど科学的な研究ってやったことがないから、シーモンキー飼育セットとかやるのもいいかも。研究が終わったらウチの金魚が食べるかもしれないし。さあ何をやろうかな?



 きっかけは絵日記

 先日WINDさんのブログを見て、保育士試験の絵を練習しているのをむっちゃおもしろそうだな~と思いました。
 アタシも描いてみようかと思ったけど、保育士試験の絵はお題が難しくてムリだから、以前ちょっと描いてた絵日記でもやってみようと考えました。
 で、絵日記と言えば夏休みの宿題の定番。ちょうどもうすぐ夏休みだし工作もしよう勉強もしよう夏休みゴッコだ!ってなわけです。


 ゲーム「ぼくのなつやすみ」の絵日記では、「今日は何もない素晴らしい1日だった」という切り札がありますが、それは有能すぎるので約40日の夏休みゴッコ期間中3回までに制限します。



 ストレートネック対策

 先日、体調が悪くて病院に行ったところ、ストレートネックとの診断が下りました。スマホの触りすぎですね。
 首や肩が凝り固まってストレートネックになるんだから、その辺を動かしてやればいいんじゃね?という勝手な判断で、ここ数日YouTubeを見て、椅子に座ってできるラジオ体操をやっています。


 小学生の頃は「せっかくの夏休みなのに、なんでいつもより早く起きてラジオ体操なんかしなきゃなんないのさ」と不満で、ダラダラと動いてました。
 けど座りラジオ体操もマジメにやると、普段使わない筋肉を使うので、軽く汗ばんできます。今のアタシにはちょうどいい運動負荷のようです。


 なのでもう少し続けてみようと、郵便局でこれをもらってきました。


 20180709_02.jpg
 最近のカードはカワイイな。


 実際これを持って公園には行かないけれど、モチベーションアップにはなりそうです。
 ところで「ラジオ体操指導員」という資格があるようですね。講習会に行けばなれるそうですが、座り体操専門じゃ指導員にはなれないべね。



 夏休み前の塗り絵

 終業式の1週間くらい前になると、ちょっとした楽しい授業があります。それがこいつ。



 20180709_03.jpg

 これが塗り絵みたいで楽しかったんだな~。
 早速塗ってみます。



 20180709_04.jpg

 みごとな三食昼寝付き。あとなめこ付き。
 これ先生に提出したら「昼寝しないでもうちょい早く寝ろ。あともっと勉強しろ。あとヒ○キンはもっと男前に描いてやれ」と書き直しを要求されますね。でも絶対達成できそうもない計画を立ててそれをガン無視した生活を送るより、ゆるい計画を守った方が優等生っぽいと考えます。


 余談ですが中学でもこんな塗り絵生活表を作りましたが、中学生にもなると誰もこんなのマジメにやらないので「夜の12時から朝の8時まで睡眠学習だ」とか、かなりフリーダムでした。程度の低い中学だったな~。

 ってかこんな生活表を作っても、習い事や塾に行っていれば曜日によって予定は違うし、何もなくても不意にカーチャンにお使い頼まれたりすれば一発で予定狂うんだから意味ないよな~と思ってました。塗り絵は楽しいけど。


 そんなわけで、優等生の夏休みゴッコをするつもりが、宿題をためまくったちびまる子ゴッコになる可能性を秘めたこの遊びですが、ドリルや感想文はできなくても、絵日記だけは続けようと思っています。このブログで公開予定なので、雑な日常をご覧いただければ幸いです。



↓宿題をためたまる子に共感する方も、そうじゃない方も、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント:

トモコ : 2018/07/10 (火) 22:05:37

>やぶりんさん
ウチの夏休みのテレビは
昼ドラ→2時間サスペンスの再放送でした。
一度親戚の家で「あなたの知らない世界」を見ましたが
幽霊が出たけどそいつがいいヤツだったから
今でも幽霊と一緒に暮らしています、ってのが
今でも覚えてるな~。

yaburin : 2018/07/10 (火) 20:38:59

おっさんの夏休みは「あなたの知らない世界」が一番の楽しみでしたね( ;゚Д゚)

トモコ : 2018/07/09 (月) 22:17:05

>WINDさん
なんと!
トーチャンとボクちゃんの合作が入賞しちゃいましたか!
ってことは先生に期待されるから
今年もトーチャン、がんばって手伝わなきゃですね。

読書感想文の目的って本来は
子どもたちに本を読んでもらうことなんだし
長ったらしい感想文じゃなくて
ひとこと読書カードとか、友達に本を薦めるカードとかでも
目的は達成できると思うんだけど
出版社側の思惑が入り込んでくるから
子どもたちと親が苦労するんですよ!(熱弁)

発泡スチロールカッターは
独身時代につとめていた工場にありました。
ニクロム線むき出しで、たぶん工場長お手製。
1台しかなくて忙しいときは足りなかったから
WIND特製カッター、マジで欲しいわ。

WIND : 2018/07/09 (月) 19:36:08

>子どもたちにとっては楽しい一大イベントでも、お父さんお母さんたちにとっては、ぜ~んぜん宿題をやろうとしない子どもたちに手を貸してやらなきゃならない憂鬱イベントのようですね。

いや、本当にヤバいっすよ。 ブログでも書いている通り子どもは発達障害があるので、放課後デイサービスを使っています。夏休み中も基本土日以外は預かってくれるので助かりますが、読書感想文が・・・。
特に息子。 一番盛り上がるシーンを訊ねると的外れなシーンを選択するしで
こりゃあかんと自分が適当にポイントを押さえ書かせたら入賞してしまい。(笑)


でも、夏休みゴッコですか~
あの憎たらしい夏の友を相手にするのはかなりきつかったです。

ちなみに5年の夏休みの工作はニクロム線を使った発泡スチロールカッターでした。 電池と電線と電池BOX、ニクロム線、木の切れ端、割りばし2本、木工ボンドで完成でした。

トモコさんの夏休みの絵日記もかなり期待していますので、更新お願いしますよ~

管理人のみ通知 :

トラックバック: