FC2ブログ

ベジェ曲線に悪戦苦闘

  

 元マンガ部員のプライド

 職業訓練校で一番楽しみにしていた、イラストレーターの授業が始まりました。

 こないだまで勉強してたフォトショップと同じ会社のソフトだから、操作はさほど変わらないだろうと思っていたのに、かなり違いますね。
 それに加えて、先生がショートカットを多用して説明するし、演習問題は教科書の解説ガン無視で別の方法でやっていくので、ついていくのがヒジョーにきびしいです。


 イラストレーターの授業で生徒たちが苦労するのは、操作方法よりもベジェ曲線だそうです。
 ベジェ曲線はフォトショップの時も少しやりましたが、たしかに思い通りの線を引くのは難しかったです。


 けれどアタシは高校時代はマンガ部所属。ベジェ曲線ごときに負けるわけにはいきません!
 ベジェ曲線を練習して、かわいいなめこの絵を描けるようになりたいのだ~っ!


 ってなわけで、家でベジェ曲線の予習をすることにしました。なめこを描くために。



 Inkscapeを入れてみた

 ベジェ曲線の練習には、カンタンなイラストをなぞるのがいいそうです。そのための練習イラストもインターネットにはたくさんあります。
 けれど、アタシはイラストレーターを持っていません。無料お試し版もあるようですが、1ヶ月しか使えないそれは、卒業制作の時までとっておきたいわけです。

 そこで、イラストレーターの簡易版、無料で使えるInkscapeを入れてみました。ベジェ曲線の練習くらいなら、これでいいでしょう。コメント欄で教えてくださった熊人さん、ありがとうございます。



 20170527_01.png
 まずは、このイラストを型抜きしてみます。






 20170527_02.png
 ムッキーッ!

 発狂しますねコレは。



 futene.jpg
 一度ふて寝して、もう一度チャレンジします。



 20170527_05.png
 それなりに抜けていますが、ここまでやるのに相当時間がかかっています。特に、直線と曲線の切り替えがうまくいきません。


 で、やってる途中で気づきましたが、このInkscape、ハンドルではなく線をマウスでつかんで、そのまま引っ張るだけで変形させることができます。



 20170527_03.png
 がんばって直線と曲線で抜いていくより、まずは大まかに直線で囲んでから、線を引っ張って変形させた方が、ずっとカンタンだしキレイです。



 この方法、イラストレーターでもできなくはありませんが、アンカーポイントの直線と曲線の切替をしないことには思うように動いてくれないので、かえって時間がかかります。正攻法で引いた方がマシです。


 訓練校で「アタシだけInkscapeでベジェ曲線引きます」なんてことはできないので、練習は学校の自習時間だけでがんばる方が良さそうです。



↓ベジェ曲線に泣いた方も、そうじゃない方も、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村

フォトショップでのイラスト

 
 こないだダンナが飲み会で、晩メシを用意する必要がなかったので、たまたま目についた職業訓練校近くの豚カツ屋さんに入ったのですが、そこが安い! ロースカツ定食並が500円ですよ!
 味も、ちょっとイイ店の1500円の豚カツとの違いがわかんないくらいウマい! まあアタシは何食ってもウマいんだけどね。


 ちなみにお店の名前は「松のや」。牛丼の松屋と同じ系列のようです。


 すっかり気にいったので、またダンナが飲み会の時に、学校帰りに食いに行こうと思います。ちなみにビールは250円です。


 ……以上、グルメ情報でした。



 グラデーションがヘタクソすぎる

 職業訓練のフォトショップの授業ですが、写真合成の章はアッサリ終わって、イラストの章に入りました。





 20170502_01.png





 20170502_02.png





 20170502_03.png





 今までデジタルなイラストもスキャナを使ったアナログ的手法で描いてたアタシにとって、すべてデジタルな世界は難し過ぎました。


 特に苦手なのはグラデーション。
 授業ではパーティーの招待状を虹色のグラデーションで飾ろうという課題があったのですが、虹色を選択しているにも関わらず、単色になったり、そもそもグラデーションにならずにただのベタ塗りになったり。


 ついこないだまでは、自習時間にクソコラ作るの楽しすぎwwwとか言ってたのが、今は自習時間はひたすらグラデーションの練習です。



 フォトショップとウェブアートデザイナー

 アタシは今まで、ホームページビルダー付属のウェブアートデザイナーを使っていたので、機能たっぷりのフォトショップより手軽なウェブアートデザイナーの方が使いやすく感じます。


 たとえばベタ塗り。フォトショップでは範囲選択してからバケツ(調べたらそうじゃないっぽいけどその方法を知らない)ですが、ウェブアートデザイナーでは下絵が完全に線で囲まれてさえいれば、範囲選択しなくても塗り絵ができます。もともと立体感とか陰影とかつけて描けないヘタ絵師ですから、ベタ塗りだけならウェブアートデザイナーのがラクです。


 ですが、フォトショップはグラデーションがうまくいけば、なめこを描くのにヒジョーに便利です。なめこは頭と胴の境目がグラデーションです。これをウェブアートデザイナーでやろうとするとかなり手間がかかりますが、フォトショップなら一発ですからね。


 ところでアタシは幼少の頃、ピアニカ片手奏遊び弾きしかできなかったのが、4オクターブのキーボードを買ってもらったのをきっかけに両手奏にチャレンジしたらアラできちゃった、という経験があります。
 機能や鍵盤が多くなってできることが増えたら、使用者のレベルも上がったわけです。


 ってことは、機能の少ないウェブアートデザイナーから、機能の多いフォトショップに本格的に乗り換えたら、ヘタ絵師のアタシでもスマホのカードゲームみたいな美麗イラストが描けるようになるかも!
 そんでもって、イラストも描ける事務員として就職して、その会社のイメージキャラクターもデザインしちゃったりして! うはw夢が広がりんぐwww


 ってなわけで、苦手なフォトショップのイラストも、学校でしっかり勉強しよう、まずはグラデーションの成功率100%をめざそう!


 とは言っても、そのうちイラストレーターの授業が始まるから、せっかくフォトショップでイラスト覚えても、おそらくイラストレーターで絵を描くことになるんだろうな……。



↓ヘタ絵師の方も、ウマ絵師の方も、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村