FC2ブログ

アルゴリズムこうしん~ITパスポート講座7回目~

 
 20160528_02.jpg
 特別好きなわけではないのに、毎回買ってしまうのはなぜだろう?



 アルゴリズムってなんぞや?

 今日はアルゴリズムの勉強が中心でした。
 アルゴリズムといえば、Eテレの「ピタゴラスイッチ」の中で、アルゴリズムこうしんというのがあります。


 
 真ん中あたりにいる人がガンダムに見えます。



 ピタゴラスイッチ本編も知的なおもしろさがありますが、アルゴリズムこうしんも文武両道的おもしろさだと思います。これ宴会の余興とかでやったら楽しいベな~。



 変数は余裕だね

 アルゴリズムの処理の代表として、まず変数の処理を勉強しました。

 昔RPGツクールのスーファミ版でクソゲーハンターというゲームを作りましたが、スーファミ版には変数がなかったので、たいしたことのないイベントを作るのでもヒジョーに複雑なプログラムになりました。

 PC版RPGツクールで変数が使えるようになって、クソゲーハンターに入れたかったけど挫折したミニゲームがカンタンに作れるようになり、例えばあちこち走り回るニワトリを制限時間内に5羽以上捕まえるゲームとか、曲を聴いた通りにピアノの鍵盤で弾くゲームとかを作りました。ちなみにミニゲーム作りが面白すぎて本編は挫折しました。

 そういう経験があったので、変数は取っつきやすいのですが、哀しいことにアプリの過去問集に変数の問題はなかったので、きっと出題される確率はかなり低いと思われます。しょぼーん……。



 リストと経路

 プログラムのデータ構造に「リスト」というのがあります。要素と要素の繋がりをたどることで要素の探索を可能にする、と
あります。具体的にはこうです。


20160528_03.png
 この場合、留萌→深川→札幌という順番で進んで行きます。



 もう少し複雑な練習問題になると


 20160528_04.png
 このリスト構造で「ちくわうどん」を削除し、「かきあげうどん」を「わかめうどん」のあとに追加するとき、ポインタの値をどのように変えればよいか。開始ポインタは4とする。




 この練習問題を見て思い出したことがあります。



 リストとバスタブ

 昔「シムピープル」という日常生活シミュレーションみたいなゲームで遊んだことがあります。
 プレイヤーキャラが家の中にあるアイテムに対してさまざまなアクションを取って、日常生活を送るというゲームです。
 例えば、お風呂に入るのにバスタブをクリックすると、


 1.バスタブにお湯をはる
 2.服を脱ぐ
 3.バスタブに入る
 4.体を洗う
 5.バスタブから出る
 6.服を着る
 7.お湯を捨てる


 ここまでのことを自動でやってくれます。
 ところが、アイテム改造ツールでバスタブをいじって、1から3に飛ばして2への繋がりを切ってしまえば、服を着たまま入れるバスタブを作ることができます。7をすっ飛ばせば24時間風呂になります。
 ちなみにアタシは6をすっ飛ばしたバスタブを作ったので、プレイヤーキャラは風呂上がりにスッポンポンで部屋の中をうろつくという状態になりました。スッポンポンでビールを飲むお父さんプレイが実現しました。

 このアイテム改造ツール、処理が1から8まで順番に並んでいるわけではなく、さっきのうどん屋の問題のようにバラバラに並んでいるのを、ポインタを頼りに進めていっていじりたい箇所を探します。
 たぶんこれが、リスト構造のアルゴリズムってヤツだと思います。



 で、アルゴリズムって何?

 ゲーム好きが高じて、ITパスポートレベルのアルゴリズムなら割と余裕な感じです。いや~道を踏み外すほどゲームをしたかいがありましたよ。

 しかし、いまだにわからないことがあります。



 ……アルゴリズムこうしんは、どこがアルゴリズムなんだろう?



 疑問は残りますが、見ていて楽しいからそれでいいことにします。



↓ピタゴラスイッチが好きな方も、そうじゃない方も、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村

ITパスポートの受験時期に悩む

 
 20160528_01.jpg



 受験予定は9月

 今通っているTACのITパスポート講座は7月下旬で終了します。
 なので、講座終了後1ヶ月くらいかけておさらいして、9月頃に受験と考えていました。
 ところが、アタシはその予定を2ヶ月も早めるという暴挙に出ました。



 やっぱりテクノロジが得意

 職場の行き帰りの電車で勉強しようと、スマホのIパス過去問アプリをインストールしました。
 そのアプリは、23年度秋から27年度秋までの過去問が入っています。しかも解説付きです。
 出題数も、10問から100問の間で変えられるし、絞り込み機能もあって、分野ごととか、間違えた問題とか、かなり細かくフィルターがかけられて便利です。

 そのアプリで、今まで習ったストラテジとマネジメントに絞って、クイズ感覚で勉強してみたところ、80パーセント近く取れました。
 試しに苦手なマネジメントに絞ったところ、75パーセント。
 さらにまだ1回目の講座を受けたばかりのテクノロジだけでやってみると、初見でも70パーセント。文系はテクノロジよりストラテジやマネジメントで点を取ったほうがいいと、TACのテキストには書いてありましたが、アタシは文系なのにテクノロジの方が得意のようです。


 ……これ、今すぐ受けても合格できるんじゃね?



 そして7月に

 アタシはIパス講座にオプションのWEBテストもつけました。これは試験と同じく、ストラテジ35問、マネジメント20問、テクノロジ45問程度、合計100問です。
 本当は試験直前にやろうと思ったそのテストを、調子に乗ってやってみると、やっぱり合格基準を超えています。

 これだったら、TACの講座終了直後に受けても問題なさそうです。調べてみると7月30日に大宮で試験があるようです。



 そこに決めた!



 あちこちに試験会場があって、首都圏ならほぼ毎週どこかで受験できるのが、Iパスのいいところです。しかも受験日や会場の変更もできるので、「やっぱりもう少し勉強してから受験しよう」ってのもオッケーです。
 なのでさっそく、7月30日に受験の申し込みをしちゃいました。

 試験の申し込みをしたとたん練習問題の点数が下がるというジンクスのあるアタシですが、それでも受かってきたので、今回もたぶん大丈夫でしょう。根拠はないけど。



↓テクノロジが得意な方も、そうじゃない方も、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村

テクノロジ突入~ITパスポート講座6回目~

 
 20160521_01.jpg
 答え・BeeWorksさんに聞きましょう



 テクノロジは数学

 ITパスポート講座もいよいよテクノロジに入りました。
 今回の講座は、2進法と16進法、集合、論理演算、確率統計の話。
 先生によると、このへんはさほど出題数は多くないけど、Iパスを勉強するなら覚えておきたいよね、って分野。また基本情報を狙うなら今のうちに覚えておくといいよ、とのことです。

 2進法は、ドラクエ3の預かり所が255000ゴールドまでしか預金できない理由を知ったことでなんとなくわかっていましたし、16進法もHTMLとかで色指定に使うことがあるので割とわかります。

 集合と確率統計は、中学校の数学ですね。もうほとんど忘れてましたが、何度か練習問題を解けば思い出せるでしょう。

 きびしいのが論理演算。ANDとORは、MOSで勉強した配列数式の関数と同じ要領なのでまだマシです。
 が、XORをAND、OR、NOTを使って表せとか、考えることを放棄しました。
 まあ、試験で論理演算ばかり10問も出るなんてことはなさそうだし、ペン倒しで答えちゃってもいいか。



 得意不得意が見えてきた

 ところで前回の講座終了時、先生から「テクノロジは軽く予習してきて下さい」との指示がありました。
 ですので、テキストと問題集をザラッと読みましたが、けっこう知ってることが多かったです。
 以前Iパスのチラシにあった問題を解いた時も、テクノロジだけは正解できたし、アタシはテクノロジが得意分野になるかもしれません。

 一番ヤバそうなのがマネジメントです。覚える言葉が多いこともありますが、プロセスとそこでやらなければならないこととが、頭の中で繋がりません。
 先生に質問しようにも、何がどうわからないのかが自分でもわからないという状態です。

 昔読んでた中学生の学習雑誌で「先生に質問するのが成績アップのコツ!」とか書いてありましたが、それができるのは「もう少しでカンペキにわかる」くらいまで理解できた生徒ですね、きっと。
 本当にわからない生徒は質問すらできないことを、学校の先生たちにはご理解いただきたいと思います。



 苦手だけどダメじゃない

 Iパスはストラテジ、マネジメント、テクノロジの各分野別評価で1000点中300点以上、かつ全体で1000点中600点以上で合格です。
 マネジメントは20問出題されるので、配点が全部同じであれば、6問正解で分野別の条件はクリアできます。

 過去問を解いて採点すると、苦手だ苦手だ言いつつも、半分くらいは正解しています。試験で今までに見たことのない問題が出てきたとしても、今の時点で半分取れているんだったら、300点ラインはクリアできそうな気がしてきました。

 だったら、苦手意識のあるマネジメントの勉強はほどほどに、「アタシこれ得意かも!」なテクノロジで攻めて全体の点数を上げる戦略もアリかもしれません。

 ……とか言ってたらこの先テクノロジで苦戦して「マネジメントの方がまだマシ!」とか苦手が逆転したりして(゚Д゚)



↓マネジメントが得意な方も、そうじゃない方も、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村

掃除検定の結果通知

 
 20160515_03.jpg
 出すのは簡単でも入れるのは痛い。鼻の穴って不思議だね。



 結果通知が来た!


 掃除検定協会から、郵便物が届きました。おそらく先週受けた掃除検定5級の結果でしょう。

 B4サイズの封筒で、中に厚紙が入ってそうな硬い手応えです。不合格通知ならもっと小さい封筒で届くでしょうし、まあ、合格でしょう……。





 20160515_01.jpg
 ホラねっ。
 おかげで「鼻からスパゲティを食べる」という自分から言い出した罰ゲームは回避できました。



 運も実力のうち?


 認定証の他に、成績表も入っていたのですが、





 20160515_02.jpg





 俺SUGEEEEEEEE!!



 スルーしていた用語集からの問題は、いくつか取りこぼしたかな?と思ってましたが、カンが冴え渡っていたようです。


 そんなわけで、掃除能力検定士5級をゲットしましたが、部屋は相変わらず散らかってます。
 まあ、明日あたり掃除機くらいかけようと思います。



↓鼻からスパゲティを食べる方も、そうじゃない方も、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村

プロジェクトメンバー・トモコ~ITパスポート講座5回目

 

 プロジェクトって案外広い


 TACのITパスポート講座、今回はマネジメントの2回目にして最終回です。来週からテクノロジ分野に入ります。
 今日はプロジェクトマネジメントの勉強でした。

 ところで「プロジェクト」という言葉を聞くと、「社運をかけた一大プロジェクト!」みたいな、失敗したらマジやべえイメージと一緒に、中島みゆきの歌う♪風の中のすぅ~ばるぅ~が流れてきます。
 とにかく、緊張感と壮大さとカッチョ良さで満ちあふれているのが、アタシのプロジェクトの認識でした。

 が、期日がはっきりしていて、成果物がある仕事なら、プロジェクトと呼んでいいようです。

 だったら、アタシが今やってる仕事も、プロジェクトと呼んでいいんじゃない?



 プロジェクトY(役場)


 アタシは、とある役場で期間限定の仕事をしています。派遣で。

 ふだん役場の職員の仕事は、住民票を渡したり婚姻届を受理したりと、終わりのない仕事ですが、この仕事は、すべての処理が済んだらそこで終わりです。期日があります。ちなみに期日とともに派遣はいっせいに切られます。
 もう1つの条件、成果物もたぶんあります。

 もしこの仕事をプロジェクトと呼んでいいなら、アタシはプロジェクトメンバなわけです。



 何それステキ♪



 じゃあプロジェクトマネージャは○○さん、スポンサは自治体、ステークホルダは住民……と考えると、すんなり頭に入ってきました。


 いつもため息をついてる○○さんがプロジェクトマネージャだとしたら、プロジェクトマネージャってたいへんな仕事をしているんですね。


 もしダンナがプロジェクトマネージャになった時には、毎日なめこの味噌汁を作って労をねぎらってあげようと思いました。んふんふ。



↓プロジェクトマネージャも、そうじゃない方も、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村

先生が増えた

 

 HPがヘボすぎる

 連休明けから、派遣の仕事をはじめました。

 基本週3日しか働かないのですが、なんせ最大HPがスライムよりも低いため、たかだか片道1時間の通勤でヘトヘト、家に帰る頃には瀕死状態です。そのため、ITパスポートの勉強も全く進みません。

 働きながら勉強することの難しさにネをあげそうです。



 ヤマダ先生(仮名)があらわれた!

 昨日、会社でヤマダさん(仮名)と雑談をしました。
 ヤマダさんの前職はコンピューター関係の仕事だったそうです。


 tomoko_gimon_ico.png
 ヤマダさんスゴいなあ。
 アタシ今ITパスポートの勉強してるけど、わからないことが出てきたら教えてくださいよ。



 sangakunameko_ico.png
 いいよ~。
 ボク、レベル4持ってるから、わかることだったら説明するよ~。



 思いがけず、先生が増えました。



 ヤマダ先生の教え

 ヤマダさんにアドバイスをいただきました。

 Iパスにこれでもかとばかりに出てくるアルファベット3文字の略語、たとえばSOAは「Service-Oriented Architecture」と、略する前の言葉も覚えておいた方がわかりやすいとのことです。

 が、Oriented Architectureとか何のこっちゃです。英語ワッカリマセ~ン。

 ヤマダさんのアドバイスに従うと余計にエライコッチャになりそうな気がしますが、次の言葉に救われました。


 sangakunameko_ico.png
 ITの資格は、マジメに勉強する人よりも、肩の力を抜いて気楽に勉強した人のほうが、いい結果が出やすいよ~。


 本当は、アルファベット3文字も本来の意味も含めて覚えた方がいい。だけど英語がダメすぎてますますわかんなくなるくらいなら、丸暗記でもいいべさ。ゆる~くいこうぜ。
 と、自分に都合よく解釈しました。




 挫折することに挫折する

 で、今日の話。


 sangakunameko_ico.png
 トモコさん、昨日仕事の帰りに本屋さんに寄って、Iパスの教科書買ってきたんだ。
 ボクが情報処理の勉強をしていた40年前と比べると、ずっと難しくなってるね。
 その頃の基本情報くらいのレベルが、今のIパスかもしれない。






 わざわざアタシに教えるために、教科書まで買ってくれたのぉ!?





 sangakunameko_ico.png
 いやいや。長年パソコンの仕事やってたから、他の人からも聞かれることがけっこうあるんだ。
 トモコさんのためだけじゃないから気にしないでよ。



 そうヤマダさんは言ってくれましたが、恐縮せずにいられません。
 こりゃ挫折するなんて言ってられなくなりました。


 仕事のあとの最強にヘボい時には勉強できなくても、休みの日に少ない量ならなんとかなるかもしれません。
 ヤマダさんの教えどおり、適度に脱力しつつガンバんべ~。



↓真面目な方も、そうじゃない方も、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村

掃除検定5級を受けてきた

 
 20160508_01.jpg
 ママレモンもチャーミーグリーンもジョイもキュキュットも全部「ライポン」です。



 試験時間を間違える

 掃除検定5級を受けてきました。
 最近はITパスポートの勉強にかかりきりなのと、問題集のない掃除検定は勉強しにくいというのとで、ほとんど勉強できていません。
 試験前日の夜。


 shinchan_ico.png
 トモコ、明日は掃除検定やろ?
 何時から試験や?



 tomoko_ico.png
 9時から。
 5時に起きて、7時のバスに乗る。



 shinchan_ico.png
 早いなあ。
 受験票忘れたらあかんで。



 tomoko_ico.png
 だいじょうぶ。ちゃんと持ったよ。
 ホラねっ。



 shinchan_ico.png
 ……トモコ。
 受験票に、11時試験開始って書いてあるで。




 ……え!?



 思いっきり勘違いしていました。
 いくら会場には時間に余裕を持ってと言っても、2時間以上も前とか早すぎます。
 前日のうちに気づいて良かったです。



 試験開始

 試験は50問、制限時間は45分です。
 すべて3択問題ですが、マークシートではなく、問題用紙にマルをつけて提出します。





 楽勝だったぜ!





 もし落ちてたら鼻からスパゲティ食ってやるよと豪語します。イヤ、万が一落ちてたら困るのでやっぱりスパゲティは口から食べます。


 ただ想定外だったのが、巻末の用語集からもけっこう出たこと。あの用語集は付録くらいにしか思ってなかったので、全く読んでいませんでした。
 巻末にも目を通しておけば満点取れてたかも。ちょっとくやしいです。



 試験を受けて

 5級の範囲は住居の掃除とのことで、日常の掃除の基本みたいなことを勉強すればいいんだなと思っていました。
 が、「養生シートで覆いましょう」とか、「換気扇はコンテナにゴミ袋を2枚重ねにした中で云々」とか、やたら本格的です。
 自分ちの掃除に養生シートなんて貼ったことありませんし、掃除のためのコンテナとかありませんよね? ウチだけ?
 おそらく、ダスキンとかのハウスクリーニングサービスを頼んだ時の掃除を勉強するのが、掃除検定5級の内容なのでしょう。

 なので、「勉強したとおりに家を掃除しよう」とは思いませんが、風呂掃除にアルカリ洗剤が使えることや、部屋の壁面掃除は下から上に拭かないとシミになるとか、今まで知らなかったことも多かったので、価値はあったかな?と感じました。

 でも4級以上は……今は必要ないかな?



↓試験時間をまちがえた経験のある方も、そうじゃない方も、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村

クソゲーをマネジメント~ITパスポート講座4回目~

 
 20160507_01.jpg
 エロい時点で健全じゃないような気もするけどね。


 いきなりITくさくなる

 TACのITパスポート講座4回目、今日からマネジメント領域に入りました。と、とたんにITくさくなりました。
 ストラテジもまあITくさいっちゃITくさかったのですが、工場で作ってる製品に当てはめて考えてもいけるような部分がありました。

 が、今日の授業は、ソフトウェアを開発するための勉強、といったところでした。工場とは毛色が違います。


 クソゲー開発経験

 アタシは高校の頃、スーファミソフト「RPGツクール」を買いました。自分の思い通りのRPGが作れるというゲームです。
 それで「クソゲーハンター」というゲームを作りました。世にはびこるクソゲーどもをやっつけ、神ゲーばかりの世界にする、というゲームになるはずでした。
 しかし途中で脱線しまくり、学校の先生が敵キャラになったり、漫画部員のキョウコちゃんにアイスクリームを買ってくるイベントが発生したりして、「あれ?クソゲーを倒す旅はどうなったの?」なことになりました。このゲーム自体が最大のクソゲーです。

 けれど「クソゲーハンター」を遊んでくれたのは漫画部の仲間だけだったため、こんなゲームでも「敵キャラの牧田先生強すぎwww」とか、「キョウコちゃんアイスクリームの注文うるさ過ぎwww」と、ローカルネタで笑ってもらえました。

 このクソゲー制作をマネジメントの勉強に当てはめたら、どうなるでしょう?


 クソゲーの開発モデル

 ソフトウェアの開発は、大まかに

 要件定義
 ↓
 設計
 ↓
 プログラミング
 ↓
 テスト

 という段階があるようです。

 「クソゲーハンター」では、要件定義からヒジョーにクソでした。その場の思いつきで、「ス○ランカー」や「い○き」の主人公をやっつけるゲームを作ってみよう、で、シナリオも設定もすべてその場のノリでした。だから脱線しました。

 設計もすっ飛ばしました。マップもキャラの動きもイベントのフラグもすべて「まずは実際やってみよう」でプログラミングしていました。

 そんな行き当たりばったり方式なので、テストプレーではバグの嵐です。アタシが気づかなかったバグも多数あったことでしょう。

 要件定義と設計を華麗にスルーしたので、プログラミングとテストだけのスパイラルモデルで開発してました。クソにもほどがあります。


 クソすぎて愛されたのかも

 けれど、もしこの「クソゲーハンター」が脱線せずに当初の目的どおり、クソゲーを倒すゲームだったら?
 ストーリーの分岐やフラグの管理もきっちり設計されていて、エラーなんてありませんよなゲームだったら?

 おそらく遊んでくれた漫画部員の反応は「うん、おもしろいね」で終わったと思います。
 プレイヤーが大笑いして、話を聞いたコが「何それ、ワタシにもやらせて」と、部員たちの間でカセットが回り回ったり、プレイヤーが勝手に新しいおバカイベントを作ってくれるようなゲームにはならなかったと思います。
 
 「クソゲーハンター」は史上最低のクソゲーでしたが、クソだからこそ愛されたと自負しています。


 ちなみにこの話をダンナにしたところ


 shinchan_ico.png
 これは「要件定義や設計をすっ飛ばしたクソゲー」とかいうレベルとちゃうで。
 プロトタイプを作って終わっとるやないけ。



 どうやら「クソゲーハンター」はクソゲーですらなかったようです。



↓ゲーム好きな方も、そうじゃない方も、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村

うらやましいアライアンス

 
 20160504_01.jpg
 ケンタッキーフライドチキンもフランチャイズだけどさ。



 アライアンスが出てこない

 ITパスポートの勉強で、覚えなきゃならない用語が多くて四苦八苦しています。
 が、割と覚えたのが、企業統合とか提携に関する用語。
 先生はこう教えてくれました。

 このへんは何をしたいかで分けて覚えましょう。
 企業を乗っ取るならMBOとTOB。
 自社にない技術をどうにかしようと思ったらM&Aとアライアンス。
 生産をよそでやりたいならOEMとファブレスです。



 MBOとTOBとM&Aはなぜかスンナリ覚えられました。
 OEMは、あの有名なMONO消しゴムはよその会社に作ってもらっていることを知った時に、OEMという言葉とセットで覚えました。
 ファブレスは、友達の家で飼ってたワンコの名前が「ファビラス」なので、似てるので覚えられました。ちなみに競馬のお馬さんからもらった名前だそうです。イヌだけど。
 けれど、アライアンスがなかなか出てきません。

 アライアンス……アライアンス……あれ?



 特権階級アライアンス

 飛行機に乗るとき、一番はじめに機内に案内されるのが、体の不自由な人とか、赤ちゃん連れの人。その次に案内されるのが、なんとかアライアンスメンバーって人です。一般人のアタシは一番最後に案内されます。
 アタシは窓際に座ると耳がキーンとなるため通路側の席を取るし、一番最後の方がいいのですが、それでもなんとかアライアンスメンバーが先に案内されると「この特権階級が!」と、ぐぬぬとなります。

 そのうらやましいアライアンスと、業務提携のアライアンスは、同じでしょうか?
 ダンナに聞いてみました。


 shinchan_ico.png
 お、知ってるアライアンスを見つけたんやな?
 ワンワールドって、航空会社の団体があって、その団体にJALも入ってんねん。他にはアメリカン航空とかカンタス航空とかもおるな。



 tomoko_gimon_ico.png
 アタシ、アライアンスって特権階級のことかと思った。
 だって飛行機に早く乗れたり、空港のVIPルームみたいなところに入れるし。



 shinchan_ico.png
 ちゃうちゃう。
 オレもようわからんけど、そのワンワールドに入ってる会社の飛行機にようけ乗っとる上得意様が、ワンランク上のサービス受けられるんとちゃうかな?



 アタシが考える、飛行機にいっぱい乗るような人といえば、会社の社長とか、海外出張のいっぱいあるような有能ビジネスマンです。どちらもたぶんお金持ちでしょう。アタシがこの先空港のVIPルームを利用できることは、おそらくありません。

 ええい、この特権階級が! と言いたいところですが、特権階級うらやましいぞと思ったことがきっかけで、アライアンスという言葉を覚えられたので、まあいいや。



↓アライアンスメンバーがうらやましい方も、そうじゃない方も、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
にほんブログ村